保険 @ 17 10月 2013, “No Comments”

火災保険に加入していない家屋はない、といえるほど、火災保険の必要性は非常に高いものです。いざ火災や風、雪などによる被害を被った場合、火災保険に加入していなければとてもではありませんが、その後の生活がままなりません。

特にローンを抱えている住宅であれば、尚更です。いざ出火元になってしまったとき、延焼の可能性も否定できませんから、火災保険に加入する必要性は、誰しも十分に理解出来ていることでしょう。

火災保険に加入する際は、その保障内容をしっかりと把握し、納得したうえで加入する必要性があります。いざ事が起きたときに、うちの火災保険ではカバー出来なかった、では済まされません。

現在加入している火災保険の内容をチェックし、場合によっては、別の商品を再契約する必要性が出てくるかもしれません。

見直すことで、割引によって保険料が安くなるというケースもあります。オール電化にした場合、割引制度を設けている保険会社もあるからです。

また近年、予想もしないような天候災害に見舞われるニュースが後を絶ちません。竜巻の被害も、近年では増加傾向にあります。人ごとではなく自分の身に降りかかった時の事を想定をし、火災保険の内容を見直す必要性が高まっているのは確かなようです。

[関連サイト]
火災保険 口コミ – 火災保険は保障内容が重要です

保険 @ 17 10月 2013, “No Comments”

遺伝によるがん発症の可能性は、がんの種類によってはゼロ、もしくは低いという事が判明しています。つまり、がん家系という事に限らず、がんを発送するリスクは増加傾向にあるのです。

がん保険に加入しているのといないのとでは、万が一ガンが発見された時の治療内容にも響いてきます。先進医療を受けたいのに、保険でカバー出来ないからと諦めるのは、到底納得のいく治療が受けられるという事にはならないでしょう。

さて、がんは入院後の通院も保障されている商品を選ぶことは大切です。診断給付金などは当たり前となっていますが、さらに通院の補償が手厚いがん保険を選ぶ必要性は非常に高まっています。

近年のがん治療では、入院よりも通院による治療が長くなる傾向にあります。薬一錠、数万円も当たり前の治療となりますので、入院や手術はもちろんのこと、その後の通院保障はがん保険選びではポイントとなるのです。

通院保障では、保障期限が切られているものよりも、無制限に保障が受けられるがん保険を選ぶ必要性は高いでしょう。5年再発しなければ完治、という世界ですから、場合によっては再発することも視野に入れた「無制限保障のがん保険」である必要性があるのです。

[関連サイト]
がん保険 評判 – がん保険で一番評判が高いのは?
メディコム 口コミ - がん保険で人気のメディコム

保険 @ 17 10月 2013, “No Comments”

経営者にとっては、節税対策は欠かせません。利益が多い年度は特に、人気の節税対策用保険の加入を急ぐ傾向にあります。

人気の節税対策用保険として、やはり定期保険、中でも逓増定期保険は経営者にとって非常に助かる商品だといっても過言ではないでしょう。

掛け捨てであるはずの定期保険は、税務署に損金として計上されますが、一定期間を払い続けることで「解約返戻金」が発生します。

しかも逓増定期保険であれば、契約当初の保険料は積立て扱いです。およそ年に数百万円は支払い続け、その間は損金扱いとなり、解約時は支払った保険料が戻ってきますので、積立預金と同じようなもの。

しかもその間、不測の事態が起きたときは「保険」なのですから保障もされるというダブルカバーが期待できます。

人気の節税対策用保険として、がん保険も候補に挙げられるでしょう。ただ、経営者がガン家系であり、税務署に「経営者がガンに罹患するリスクが高いため」という説明がなされるのであればともかく、企業のリスクヘッジとしてのがん保険は、損金扱いされやすい商品であるとはいえ無理があると言わざるを得ません。

そのあたりもよく考えて、人気の節税対策用保険の中から選択することが大切です。

≪参照元≫
節税対策 保険 - 節税対策に有効な保険とは
保険 相談 - 節税はプロの税理士に相談